ワークフロー・データベース連携による予算管理

ワークフロー・データベース連携による予算管理

稟議の申請と予算管理を連携して行う

ワークフローで申請した情報データベースに連携して予算管理を行えます。 

  • 運用の流れ
    1.ワークフローにて稟議申請(決裁時:データベースに連携)
    2.稟議申請を引き継いで稟議実行申請(決裁時:データベースに連携)
     
    *WFに予算管理の共通マスタを作成しておくことで
    1の稟議書申請時に予算がマスタに作成され、2の稟議実行申請で予算残が更新されます。

活用機能

  • ワークフロー・データベースのデータ連携

    活用イメージ

    1.稟議書の申請を行います。
    決裁されるとデータベースに稟議内容が連携されます。
     
     
      
    2.稟議実行申請を行います。
    共通マスタより予算残高が自動で表示されます。
    実行金額を入力し、申請すると予算残高も更新されます。

     
     
    データベースに連携することで、稟議に紐づく実行申請が同一画面から
    確認できるようになります。


       

     

(Visited 323 times, 22 visits today)
この記事は参考になりましたか? 参考になった ならなかった
カテゴリー:なし

アンケートにご協力ください

この記事は参考になりましたか? 参考になった ならなかった

メールでのお問合せ

電話でのお問合せ

0120-632-004

土・日曜日を除く平日10-12時 13 -17時

(年末年始、弊社指定の休日を除く)