対象者(申請者/承認者/決裁者/閲覧者)ごとに申請(承認)画面を切り替える方法

対象者(申請者/承認者/決裁者/閲覧者)ごとに申請(承認)画面を切り替える方法

ワークフローでは、項目ごとに表示対象を設定することが出来ます。

例)書式:自己申告書で、申請者・承認者・決裁者によって項目の表示制限をかけたい。
 
〈設定方法〉
管理者設定/管理者ワークフロー設定/書式設定

項目の編集ボタンより「表示対象」を設定
非表示にしたい場合、対象者のチェックをはずします。

【申請・承認画面】
〈申請者〉
「上長所見」「人事記入欄」は記入内容を見せたくない為、非表示

〈承認者〉
「上長所見」承認者のみ入力可(「人事記入欄」は内容を見せたくない為、非表示)

〈決裁者〉
全て表示(「人事記入欄」決裁者のみ入力・確認可)
 

上記のように、項目ごとに表示対象を設定することで、申請者・承認者・決裁者・閲覧者によって表示項目の制御が行える為、1枚の申請書で管理することが可能です。

(Visited 1 times, 16 visits today)
この記事は参考になりましたか? 参考になった ならなかった
カテゴリー:管理者機能

アンケートにご協力ください

この記事は参考になりましたか? 参考になった ならなかった

メールでのお問合せ

電話でのお問合せ

0120-632-004

土・日曜日を除く平日10-12時 13 -17時

(年末年始、弊社指定の休日を除く)