事前に申請した内容をもとに別書式の申請を出す方法

事前に申請した内容をもとに別書式の申請を出す方法

事前に申請した内容をもとに別書式の申請を出す“引継申請”が可能です。

例)受講前に“教育・研修受講申請”→受講後、“教育・研修受講報告書”を申請したい。
報告書は一から記入せず、受講申請の申請内容を元に追記して申請をあげたい。

通常どおり、「教育・研修受講申請」を申請。
受講申請が決裁されると申請状況メニューの「引継申請」カテゴリ内に件数が表示されます。

引継ぐ申請の詳細画面を表示します。

「引継申請」ボタンをクリックします。

紐付けした該当項目は、事前に申請した内容がそのまま表示されます。
報告書に必要な部分を追記して申請出来るため、入力の手間が省けます。

引継ぎ申請が完了すると、申請状況の「引継ぎ申請」カテゴリ内の件数が減ります。

引継申請の設定方法はこちら→引継申請の設定方法について

 

(Visited 1 times, 6 visits today)
この記事は参考になりましたか? 参考になった ならなかった
カテゴリー:利用者機能

アンケートにご協力ください

この記事は参考になりましたか? 参考になった ならなかった

メールでのお問合せ

電話でのお問合せ

0120-632-004

土・日曜日を除く平日10-12時 13 -17時

(年末年始、弊社指定の休日を除く)