ワークフロー明細項目の連携方法

ワークフロー明細項目の連携方法

ワークフローの書式に明細項目がある場合、データベースに連携するにはデータベース側では明細項目として設定するのではなく、明細内の各項目を単体項目として設定する必要があります。

〇ワークフロー 見積提出申請

〇データベース 見積管理DB

明細内の5項目(商品名~備考)を1つずつ設定します。
上記は商品名~備考を3セット作っていますが、ワークフローで明細行をどれくらい利用するかを想定の上で、その行数分のセットが必要になります。
※データ連携できるのは10行までとなります。

データ連携は以下メニューより設定します。
<設定方法>
管理者設定/管理者ワークフロー設定/ワークフロー公開設定

連携するワークフロー、データベースそれぞれの書式の紐づけを行います。

書式の紐づけ後に、「詳細」ボタンより項目の紐づけを行います。
ワークフローの「内部ID」と紐づけるテキストタイプ項目もデータベース側に用意しておきます。

明細タイプ項目の紐づけ画面です。
行番号、項目をそれぞれ必要行数分設定します。

明細部分がこのように連携されます。

(Visited 1 times, 17 visits today)
この記事は参考になりましたか? 参考になった ならなかった
カテゴリー:管理者機能

アンケートにご協力ください

この記事は参考になりましたか? 参考になった ならなかった

メールでのお問合せ

電話でのお問合せ

0120-632-004

土・日曜日を除く平日10-12時 13 -17時

(年末年始、弊社指定の休日を除く)