SFA関連のフィルタ設定例

SFA関連のフィルタ設定例

SFAで使うと便利なフィルタ設定を例に挙げてご紹介します。

〈案件フィルタ〉
例)受注遅延物件

〈設定項目〉
「進捗」 → 受注より前のフェーズにチェックします。
「受注予定」 → 現在日付より前(過去)のもの全てを対象とします。


例)当月の受注予定物件(Aランク)

〈設定項目〉
「進捗」 → 受注より前のフェーズにチェックします。
「受注予定」 → 「=<0(ゼロ)月」にすることで「当月」のみの範囲指定が可能です。
※「前月から3ヶ月以内」の場合は、左の設定を「3月=<」と設定して下さい。
「受注確度」 → 例としては「Aランク(80%)以上」の案件を対象としています。


 〈日報フィルタ〉
例)自部門未読日報(1週間)※現在日付を含め8日間

 
〈設定項目〉
「所属部門(優先)」 → 自部門の情報を表示させます。
「訪問日 from」 → 通常は左側に日数を設定するだけでいいのですが、
          右側に「=<0日」をいれておくことにより、
          現在日付を含めた1週間前の未読日報のみを
            表示させることができます。


〈顧客フィルタ〉
例)未訪問顧客(1ヶ月以上)

〈設定項目〉
〈経過日数(統計情報)〉 → 最終訪問日から「○○日」以上経過している顧客を表示出来ます。

※フィルタの設定方法は、SFA・データベース同様です。

(Visited 102 times, 2 visits today)
この記事は参考になりましたか? 参考になった ならなかった
カテゴリー:管理者機能, 利用者機能

アンケートにご協力ください

この記事は参考になりましたか? 参考になった ならなかった

メールでのお問合せ

電話でのお問合せ

0120-632-004

土・日曜日を除く平日10-12時 13 -17時

(年末年始、弊社指定の休日を除く)