決裁データを添付ファイルごとDB連携するには

決裁データを添付ファイルごとDB連携するには

ワークフローの決裁データをデータベースに連携するには、データ連携設定(設定は以下参照)をすることで可能ですが、添付ファイルも連携するにはワークフロー公開設定も必要になります。
データ連携設定について

〈設定方法〉
管理者設定/管理者ワークフロー設定/ワークフロー公開設定

連携するワークフロー、データベースそれぞれの書式の紐づけを行います。

書式の紐づけ後に、「詳細」ボタンより項目の紐づけを行います。
対象項目は内部IDと添付ファイルの2項目のみです。(それ以外の項目はデータ連携設定で設定するため不要)
ワークフローの「内部ID」と紐づけるテキストタイプ項目をデータベース側にも用意し、キー項目に指定します。キー項目にすることで、ワークフロー公開設定とデータ連携設定の2種類の連携処理が走った場合に、データベース側で2レコードできるのではなく1レコードに上書きされるようになります。

次に、ワークフローの出力形式とデータベースの取込形式にも「申請ID」(キー項目)を加えます。
ワークフロー出力形式

データベース取込形式

 

(Visited 1 times, 16 visits today)
この記事は参考になりましたか? 参考になった ならなかった
カテゴリー:連携機能

アンケートにご協力ください

この記事は参考になりましたか? 参考になった ならなかった

メールでのお問合せ

電話でのお問合せ

0120-632-004

土・日曜日を除く平日10-12時 13 -17時

(年末年始、弊社指定の休日を除く)