稟議の通ったソフトウェアの資産管理をするには

稟議の通ったソフトウェアの資産管理をするには

連携設定を行うことで、各システムとデータを連携することが出来ます。

〈稟議書(ワークフロー)を資産管理(データベース)と連携する方法〉

①稟議書(ワークフロー):出力形式、資産管理(データーベース):取込形式を設定します。

 管理者設定/管理者ワークフロー設定/書式設定/稟議書
 出力タブより連携したい項目を指定し、出力形式を設定します。

 管理者設定/管理者データベース設定/データベース書式設定/資産管理
 取込タブより、稟議書(ワークフロー)の出力形式と同じ項目、順番で取込形式を設定します。

②連携パターンを設定します。
 管理者設定/管理者連携設定/データ連携設定

ワークフローで「稟議書」を申請。

決裁されると、データベースの「資産管理」に登録されます。

(Visited 184 times, 8 visits today)
この記事は参考になりましたか? 参考になった ならなかった
カテゴリー:管理者機能, 連携機能

アンケートにご協力ください

この記事は参考になりましたか? 参考になった ならなかった

メールでのお問合せ

電話でのお問合せ

0120-632-004

土・日曜日を除く平日10-12時 13 -17時

(年末年始、弊社指定の休日を除く)